委託品 太刀 備州長船□光(秀光)永和四年三月日
時代 古刀(南北朝時代)備前 刀身ランクB
鑑定 特別保存刀剣鑑定書
付属品 白鞘(田野辺先生鞘書) 付属品ランクA
寸法 長さ73.3㎝ 反り2.6㎝ 元幅2.93cm 元重ね0.56cm 先幅1.89cm 先重ね0.45cm 重さ588g
形状 鎬造、庵棟、身幅尋常、元先の幅差つき、重ねやや薄く、反り高くつき、中切先。
板目に杢目・流れ肌交え、やや肌立ちごころに地沸つき、地景入り、映り立つ。
刃文 小のたれ、小互の目、やや腰の開いた互の目を交え、足入り、やや小模様に乱れて、匂勝ちに小沸つく。
帽子 乱れ込んで返る。
僅かに磨上げ、鑢目勝手下り、先切り。
はばき 金着せ一重。
説明  秀光の太刀で永和四年紀があります。南北朝時代後期の長船正系に属さない刀工群を小反りと称しますが、秀光はそれを代表する刀工です。互の目が連れて小模様に乱れるのが特徴で鞘書にも典型作であると評されています。大肌が出ており多少の疲れはありますが、同工の年紀作として貴重な作品です。
価格1,050,000円

 

委託品 太刀 備州長船□光(秀光)永和四年三月日 \1,050,000-


ご質問はこちらから ご注文はこちらから ご注文方法 お支払い方法

カタログへ戻る トップページ


刀剣 象山堂

〒231-0859 神奈川県横浜市中区大平町20

電話090-6167-6633 FAX045-661-0431

info@shouzando.com

神奈川県公安委員会許可 第451320000492号