委託品 脇指 義人(吉原) 平成三年八月日
時代 現代刀 東京 刀身ランクA
鑑定 無鑑査刀匠
付属品 白鞘 付属品ランクA
寸法 長さ33.4㎝ 反り0.4㎝ 元幅3.45cm 元重ね0,57cm 重さ278g
形状 平造、庵棟、身幅広く、重ね尋常、僅かに反りがつく。
板目肌、地沸微塵に厚くつき、地景よく入る。
刃文 互の目にのたれを交え、足・葉よく入り、沸よくついて、金筋・砂流しかかる。
帽子 乱れ込み、先尖って深く返る。
彫物 表裏に棒樋を彫る。
うぶ、鑢目勝手下り、先栗尻。
はばき 赤銅一重。
説明

 吉原義人刀匠は昭和18年生まれ。祖父である初代国家に入門します。弟に二代目国家刀匠、子が義一刀匠と刀鍛冶の名門を築き上げています。新作刀展では特賞を受賞し、昭和57年に無鑑査認定。平成16年には東京都無形文化財にも指定されています。備前伝を得意としています。海外に鍛練所を持つなど積極的に活躍、日本刀文化の普及にも努めています。

 本作はその作域から南北朝時代の名工、長船長義を範にした寸延び短刀と思われます。相伝備前らしく豪胆な刃文を焼き、盛んに沸がついています。鉄の鍛えも精妙で映りが立ち、地景なども現れており非常に高い技量が示されています。

価格1,000,000円

 

委託品 脇指 義人 平成三年八月日 \1,000,000-


ご質問はこちらから ご注文はこちらから ご注文方法 お支払い方法

カタログへ戻る トップページ


刀剣 象山堂

〒231-0859 神奈川県横浜市中区大平町20

電話090-6167-6633 FAX045-661-0431

info@shouzando.com

神奈川県公安委員会許可 第451320000492号